第12回月1原発映画祭+交流カフェ / 舩橋淳監督を迎えて「フタバから遠く離れて」アンコール上映

昨年11月に「フタバから遠く離れて」の1日リレー上映会を開催しましたが、映画が大変好評だったことに加えて、とくに小さな会場では舩橋監督と参加者との活発なやりとりができてとてもよかったと思います。そこで、今回はいつもの谷中の家で1日2回の上映、その間に監督のお話と交流カフェを2時間というプログラムで開催することにしました。 チラシ http://www.jtgt.info/sites/default/files/2013-04-06.pdf

昨年末から今年にかけて福島県双葉町は激動のさなかにあります。井戸川町長の不信任案可決、町議会解散、井戸川町長辞任、町長選挙、いわき市への役場機能移転、中間貯蔵施設の問題など、まさに原発をめぐる日本全体の問題がここに凝縮されています。4月はいわき市における「仮の町」スタートの時。当日は、映画完成後も双葉郡や双葉町の人びとの記録をつづけている舩橋監督から、最新状況のお話もうかがえると思います。映画だけ、交流カフェだけの参加もOKです。ご都合に合わせてぜひお出かけください。

■日時:4月6日(土) 開場10:30
11:00~12:40 上映1
12:45~13:15 舩橋監督トーク
13:30~15:00 交流カフェ(飲み物・軽食付き)
15:30~17:10 上映2(受付開始15:10)*英字幕付き

映画「フタバから遠く離れて」
東京電力福島第1原発の事故後、双葉町(ふたばまち)は町全体が警戒区域となり、1423人が約250km離れた埼玉県加須(かぞ)市の旧県立騎西(きさい)高校へ避難、地域社会丸ごとの移転という前代未聞の事態となりました。故郷を遠く離れた土地で今も避難生活を送る福島県双葉町民の日常を9か月にわたって記録したドキュメンタリーです。
(舩橋淳監督/2012年/日本/96分/公式ホームページ http://nuclearnation.jp/

■参加費
上映1・2:各1000円
交流カフェ:飲食代として別途500円~カンパをお願いします
監督トーク:上映または交流カフェに参加の方は無料
      監督トークのみご参加の方はカンパをお願いします

■定員:各30人(要予約)

■予約方法:以下のいずれかの方法で予約してください。
【申込みフォームから】
・上映1(11:00~)→ http://kokucheese.com/event/index/79557/
・監督トーク/交流カフェ→ http://kokucheese.com/event/index/79767/
・上映2(15:30~)→ http://kokucheese.com/event/index/79561/
【メール】masa5884@y8.dion.ne.jp
 *件名を「月1原発映画祭申込み」として参加内容(上映1・上映2・監督トーク・交流カフェ)を明記してください。
【電話】 050-3059-6328(小林)

※キャンセルされる場合は事前にご連絡ください。

■会場:谷中の家(台東区谷中3-17-11)
メトロ千代田線千駄木・JR日暮里・JR西日暮里下車徒歩7分。
よみせ通り、 延命地蔵を東へ入る、2筋目を南へ入って東側。
※築54年、耐震補強民家のコミュニティ・スペースです。

■お問い合せ:電話090-1265-0097(植松)

主催 地域から未来をつくる・ひがし広場 http://www.jtgt.info/

★★★同日開催「宇都宮健児・井戸川克隆 未来を語る」★★★
4月6日(土)19:00~(開場18:30)
会場:渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール(渋谷駅から徒歩5分)
    地図 http://www.shibu-cul.jp/access.html
対談:宇都宮健児(前日本弁護士連合会会長)、井戸川克隆(前福島県双葉町長)
司会:マエキタミヤコ
チケット:前売り700円、当日800円
   (peatixでの予約は http://peatix.com/event/10669
主催:市民グループ「私が東京を変える」 http://watashiga.org/

第12回月1原発映画祭+交流カフェ / 舩橋淳監督を迎えて「フタバから遠く離れて」アンコール上映” への1件のコメント

  1. いつもお知らせありがとうございます。
    私が参加している、日本イスラーム文化センター(大塚モスク)では、昨年末から
    騎西高校の避難所に炊き出しをしています。
    先週、12日にも伺いました。丁度新町長の着任の日でした。
    町民の方々は、これからも騎西高校に残って生活なさると話していました。町の方針がまだ決定していまいのでボランティア受け入れも中断されています。
    23日以降の連絡をして受け入れが再開されれば炊き出しにまた行く予定です。避難している方々は
    調理場が使えなくて温めるだけの食事の現状で皆さん温かな食事を喜んでくださっています。
    広島のみかん農家の方、神奈川の農家からのお野菜など様々の方から応援していただいて
    炊き出しをおこなっています。
    前回映画を観ているので今回参加できるか未定ですが、皆さんに是非双葉町の方々の現状もお伝えできたらと思います。

コメントを残す