2018年9月16日(日)14:00~  第62回 月1原発映画祭/交流カフェ 『シェーナウの想い』上映+トーク「電気をどう選ぶ?第3弾」

各家庭で電力会社を自由に選べるようになって2年たちました。 
次回の月1原発映画祭は、1年ぶりにFoEジャパンの吉田明子さんをお招きして 再生可能エネルギーへの切り替えはどのくらい進んでいるのか、どんな動きがあるのか等々、今の状況をうかがいます。上映する映画は、今回も「シェーナウの想い」。年に一度は観たくなる映画なのです・・・勇気とやる気の源!? 未見の方、ぜひご覧ください。この映画の日本語字幕編集を担当して上映窓口にもなった及川斉志さんは、現在、鹿児島で小水力発電に取り組まれているそうです。当日はそんなお話もきけると思います。どうぞお気軽にお越しください。ご参加お待ちしています。

========================= 
第62回 月1原発映画祭/交流カフェ 
『シェーナウの想い』上映+トーク「電気をどう選ぶ?第3弾」 
========================= 

■日時:2018年9月16日(日)14:00~ (開場13:30) 

■プログラムと参加費・定員 
14:00~15:00 『シェーナウの想い』上映/会場費300円・定員30名 
15:10~16:10 吉田明子さんによるトーク/参加費700円・定員30名 
16:30~17:30 交流カフェ(軽食+1ドリンク付)/参加費500円・定員20名 


【映画】 
『シェーナウの想い~自然エネルギー社会を子どもたちに~』 
ドイツ南西部、黒い森の中にある小さなまちシェーナウ市の住民グループが、チェルノ ブイリ原発事故をきっかけに、原発に一切頼らない自然エネルギーの電力会社を自分た ちで作ろうと決意。子どもたちの未来を守るため、数々の問題を乗り越え、2度の住民 投票を勝ち取って「市民の市民による市民のための」電力供給会社を誕生させるまでのプロセスを綴った感動のドキュメンタリー。 
http://www.geocities.jp/naturalenergysociety/ (2008年/ドイツ/60分)

【トーク】吉田明子さん 
「パワーシフト~おうちの電気から考える未来の社会のつくりかた」 
電力自由化開始から2年。大手電力からの切り替えは約1割になりました。 再生可能エネルギーの電力会社を選びたいけれど、様子をみてそのままになっていた… という方も多いかもしれません。 
パワーシフトとは、自然エネルギーが中心となった持続可能なエネルギー社会に向けて 電力(パワー)のあり方を、変えていくこと。 「シェーナウ」のように日本でも各地でユニークな電力会社が動き出しています。 
また、企業や事業所の再エネ選択も加速しています。 誰もが使う「電気」を切り口に、日本のエネルギーの現状や「市民パワー」の可能性を 探ります。(吉田明子)

【吉田明子さんプロフィール】 
2007年より国際環境NGO FoE Japan、気候変動・エネルギー担当。3・11以降は福島 や原発・エネルギー問題に携わる。脱原発のネットワーク「eシフト」やパワーシフト・ キャンペーンの事務局も担当。 FoE =Friends of the Earth、本部はオランダ・アムステルダム。

■会場:谷中の家(東京都台東区谷中3-17-11) 
メトロ千代田線千駄木・JR日暮里・JR西日暮里下車徒歩7分。 
よみせ通り、延命地蔵を東へ入る、2筋目を南へ入って東側。 
築60年の木造耐震補強民家。目印は格子戸。 

■予約方法:以下いずれかの方法で必ず予約してください。 
1.申込みフォーム(上映・トーク・交流カフェ、別々にお申込みが必要です) 
【上映】 https://kokucheese.com/event/index/534116/
【トーク】 https://kokucheese.com/event/index/534117/
【交流カフェ】 https://kokucheese.com/event/index/534118/

2.メール eigasai2018★jtgt.info   ★→@に変えてください 
*件名を「月1原発映画祭申込み」として、参加者氏名(複数の場合は全員)、 
参加内容(上映、トーク、交流カフェ)を明記してください。 

3.電話 090-1265-0097(植松)、または090-9492-0075(西川) 

*交流カフェはトークに参加される方が優先となります。 
*キャンセルされる場合は必ず事前にご連絡ください。 

■主催:月1原発映画の会 

問い合わせ先  eigasai2018★jtgt.info   ★→@に変えてください
http://www.jtgt.info/ (地域から未来をつくる・ひがし広場内)

コメントを残す