11/ 6(日)第49回月1原発映画祭 スウェーデン映画『脅威』上映のご案内

次回は11月6日(日)、スウェーデンの映画『脅威』を上映します。
スカンジナビア半島北部でトナカイ遊牧を生活の基盤としてきた先住民族、サーミの人々の暮らしぶりと共に、チェルノブイリ事故による放射能汚染で大打撃を受けた1986年当時のようすを伝える貴重なドキュメンタリーです。
トナカイが大量に殺処分されるなどサーミの人々が直面した現実は、福島の酪農家はじめ農山漁業者の状況に重なってみえます。
ではサーミの人々のその後はどうなのか? 気になるところです。
当日は、映画の日本語版制作に携わった荒川俊児さんと、スウェーデン在住の松田青子さんをゲストに迎えてお話をうかがいます。
スウェーデンは、実は福島原発事故後も原発を維持推進している国。
そんなお国事情と併せて、チェルノブイリから30年に学び、フクシマを、日本を振り返る1日になるようにと思います。
ぜひご参加ください。お待ちしています。

=================================================================
第49回 月1原発映画祭+交流カフェ
『脅威』上映+トーク「北欧サーミとチェルノブイリ事故をめぐって」
=================================================================

■日時:11月6日(日)
 【1回目上映】14:00~15:20(開場13:30)
 【2回目上映】16:00~17:20(開場15:30)
     トーク 17:20~18:15 ☆1回目をご覧の方もご参加いただけます。
 【交流カフェ】18:30~19:30 続きを読む

7/16(土)・8/7(日) 第47-48回月1原発映画祭『カノンだより』連続上映のご案内

7~8月の月1原発映画祭は2か月連続で「被ばくと保養」をテーマに鎌仲ひとみ監督の『カノンだより』を上映します。

『カノンだより』は1本が10分前後の短編レポートで、鎌仲監督の長編ドキュメンタリー『小さき声のカノン―選択する人々』の制作と並行して届けられてきた、各地のいわば「小さな声」です。チェルノブイリ原発事故後のベラルーシやウクライナの人々と、福島第一原発事故と共に生きる日本の人々を取材し、内部被ばくの影響や市民の取り組みなど、現在進行形の状況を伝えています。「大きな声」は“大丈夫、たいしたことはない、もう終わったことだ”と言いますが、私たちは「小さな声」を聞き逃すまい、と切に思います。

1回目は7月16日(土)に〈チェルノブイリ編〉として8本上映し、参加者で意見交換をします。
2回目は8月7日(日)に〈フクシマ編〉として鎌仲監督をゲストに迎え、解説をしていただきながら、4本上映します。

子どもたちを被ばくから守るために今何をすべきか?これは、何はともあれ、待ったなしの問題だと思います。ぜひ、一緒に考えましょう。皆さまのご参加をお待ちしています。

*会場は両日とも「谷中の家」です。
続きを読む

2016年5月29日(日)「日本と原発 4年後」上映+河合弘之弁護士トーク

谷中で開催している月1原発映画祭の拡大版として、『日本と原発 4年後』を上映します(チラシ)。

原発訴訟の先頭に立つ河合弁護士が自ら監督をつとめた作品で、この1本で日本の原発問題のすべてがよくわかるようにつくられています。すでに前作と合わせて1000か所以上で上映されているそうですが、まだご覧になっていない方はこの機会にぜひ、そして2度目、3度目の方もおさらいのために、どうぞお出かけください。上映後には河合弘之弁護士をゲストに迎え、客席からの質問にもじっくりお答えいただきます。ご参加お待ちしています!

【映画『日本と原発 4年後】
弁護士の河合弘之と海渡雄一、訴訟を共に闘う木村結の3人が中心となって、多くの原発関係者、原発推進者も含む有識者へのインタビュー取材、現地での情報収集や報道資料等を基に、原発事故に巻き込まれた人々の苦しみ、事故を引き起こした背景、エネルギー政策のウソと真実を追求したドキュメンタリー。高浜原発差止仮処分や元東電役員強制起訴のこと、内部被ばくの問題、原発とテロの問題などを取り上げながら、日本の原発問題に弁護士視点で鋭く切り込んでいく。2014年制作の映画『日本と原発』に、新たな情報を豊富に加えて再編集した新版。(2015年/日本/138分)
(監督:河合弘之 構成・監修:海渡雄一 制作協力:木村結 音楽:新垣隆 制作:Kプロジェクト 公式サイト http://www.nihontogenpatsu.com/) 
続きを読む

2016年4月2日(土) 第45回月1原発映画祭/交流カフェ『シェーナウの想い』上映+トーク「電気をどう選ぶ?」

4月1日からいよいよ家庭でも電力会社を選べるようになりますね。この機に、できるかぎり自然エネルギーを電源とする電力会社から電気を買いたい、と考えている方は多いと思います。そこで次回の月1原発映画祭では、「パワーシフト・キャンペーン」事務局の吉田明子さんをゲストに招いてお話をうかがうことにしました。上映する映画はすでに当会でアンコール上映を重ねている『シェーナウの想い』。ドイツ初の市民電力会社誕生を追ったドキュメンタリーです。まだご覧になっていない方、もう一度観たいという方はぜひどうそ。今回はトークのみの参加もOKです。皆さまのご参加をお待ちしています。

■日時:2016年4月2日(土)17:00~(開場16:30)

■プログラムと参加費・定員
17:00~18:00 『シェーナウの想い』上映、参加費(会場費)300円(定員30名)
18:10~19:00 吉田明子さんによるトーク、参加費700円(定員30名)
19:15~20:15 交流カフェ、参加費500円(軽食+1ドリンク付)(定員20名) 
続きを読む

2016年3月5日(土) 第44回月1原発映画祭 『首相官邸の前で』上映+交流カフェ

5年目の3月11日を前に、次回の月1原発映画祭では歴史社会学者の小熊英二さんが監督を務めたドキュメンタリー、『首相官邸の前で』を上映します。2012年夏の貴重な記録映像と丹念なインタビューがクオリティ高くまとめられ、見応えもありますが、何より触発される映画です。そこで今回は、上映後の交流カフェでみなさんに3分トークをお願いしたいと思います(聴くのみでもOKです)。自分はその時どうしていたか、どんな想いでいたか、この5年のこと、これからのことなどなど、シェアしましょう。どうぞお気軽にお越しください。ご参加お待ちしています!

■日時:2016年3月5日(土)16:00開場
16:30 上映
18:40 交流カフェ(トークシェア)
20:00前後 終了  

■映画『首相官邸の前で』
2012年夏、東京。約20万の人びとが、首相官邸前を埋めた。NYの「ウォール街占拠」の翌年、香港の「雨傘革命」の2年前のことだった。しかしこの運動は、その全貌が報道されることも、世界に知られることもなかった。人びとが集まったのは、福島第一原発事故後の、原発政策に抗議するためだった。事故前はまったく別々の立場にいた8人が、危機と変転を経て、やがて首相官邸前という一つの場につどう。彼らに唯一共通していた言葉は「脱原発」と「民主主義の危機」だった――。はたして、民主主義の再建は可能なのか。現代日本に実在した、希望の瞬間の歴史を記録。
(2015年/日本/109分/日本語[英語字幕つき]) 公式サイト:http://www.uplink.co.jp/kanteimae

■監督プロフィール
小熊英二(おぐま・えいじ)
1962年生まれ。東京大学農学部卒業、出版社勤務を経て、東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻博士課程修了。現在、慶應義塾大学総合政策学部教授。福島原発事故後、積極的に脱原発運動にかかわり、メディア上での発言も多い。著書に『単一民族神話の起源』『(民主)と(愛国)』『1968』『日本という国』『社会を変えるには』など。

■会場:谷中の家(東京都台東区谷中3-17-11)
メトロ千代田線千駄木・JR日暮里・JR西日暮里下車徒歩7分。よみせ通り、延命地蔵を東へ入る、2筋目を南へ入って東側。築54年の木造耐震補強民家。目印は格子戸。
http://www.jtgt.info/sites/default/files/2013-05-14.jpg

■参加費
・上映:800円(学生500円)
・交流カフェ:500円(軽食+ワンドリンク付)

■定員:各30名

■予約方法:以下いずれかの方法で必ず予約してください。
1.申込みフォーム(上映と交流カフェ、別々にお申し込みください)
上映 http://kokucheese.com/event/index/376716/
交流カフェ http://kokucheese.com/event/index/376717/ 

2.メール eigasai@jtgt.info
*件名を「月1原発映画祭申込み」として
参加者氏名(複数お申し込みの場合は全員のお名前をお書きください)、
参加内容(上映、交流カフェ)を明記してください。

3.電話 090-1265-0097(植松)、または090-9492-0075(西川)

*交流カフェは上映会に参加される方が優先となります。
*キャンセルされる場合は必ず事前にご連絡ください。

■主催:月1原発映画の会
問い合わせ先  eigasai@jtgt.info
http://www.jtgt.info/ (地域から未来をつくる・ひがし広場内)

2016年1月9日 第43回月1原発映画祭『わたしの、終わらない旅』上映のご案内

次回の月1原発映画祭は年明けて1月9日(土)、『わたしの、終わらない旅』を上映し、監督の坂田雅子さんにお話をうかがいます。

フランスの核燃料再処理施設、マーシャル諸島やカザフスタンの核実験場を取材し、核汚染と隣り合わせで生きる人びと、核実験で故郷を追われた人びとの生の声を記録したドキュメンタリーです。

そもそも、フランスの核燃再処理事業は最初から核爆弾製造が目的。

日本がどんなに「原子力の平和利用」をうたっても、原発と核兵器は表裏一体のものであったことをこの映画は雄弁に語っています。

あえて福島に焦点をあてていないことで、逆に福島の現実とこれからのことが見えてくるように思います。この機会にぜひご覧ください。

そして、世界の核の現場を精力的に旅してこられた坂田監督のお話もどうぞお聞き逃しなく。ご参加お待ちしています。

チラシ

第43回 月1原発映画祭『わたしの、終わらない旅』上映 + 坂田雅子監督トーク+交流カフェ

■日時:2016年1月9日(土) ☆各回 要予約
・1回目上映 13:00~14:30(開場12:30)(定員30名)
・2回目上映 15:30~17:00(開場15:00)(定員30名) 
・坂田雅子監督トーク 17:00~17::45(定員30名)
・交流カフェ 18:00~19:00(定員20名)

【映画『わたしの、終わらない旅』】
きっかけは母が遺した『聞いてください』と題する一冊の本。母は70年代から原発を問い続けていた。
続きを読む

2015年11月7日(土) 第42回 月1原発映画祭/交流カフェ 「無知の知」上映+石田朝也監督のお話

■日時:2015年11月7日(土)
昼の部13:30~上映のみ/夜の部16:30~上映+トーク/交流カフェ19:30~

■会場:谷中の家(東京都台東区谷中3-17-11)
メトロ千代田線千駄木・JR日暮里・JR西日暮里下車徒歩7分。
よみせ通り、延命地蔵を東へ入る、2筋目を南へ入って東側。
築54年の木造耐震補強民家。目印は格子戸。
http://www.jtgt.info/sites/default/files/2013-05-14.jpg

チラシ http://www.jtgt.info/sites/default/files/2015-10-25-1.pdf

原発は是か非か? 結論を出すためにはもっと確かな情報が必要である、と考えた石田朝也監督が、被災者、政治家、学者などに突撃インタビューした記録です。それぞれの立場から「正義」が語られ、突っ込みどころも満載ですが、あくまで「無知な男」を貫き通す石田監督はあっぱれ!改めて原発とニッポンの未来を考えさせられる作品です。ぜひ、この機会にご覧ください。夜の部と交流カフェに石田監督をお招きして、インタビューの裏話など、たっぷりうかがう予定です。ご参加お待ちしています!

【映画『無知の知』について】
「原子力・原発・放射能のことって何でこんなにわからないことばかりなのだろうか?」福島第一原発事故の後に芽生えたこの疑問が、政治色・社会性の強いテーマを題材にしたことがなかった石田朝也監督がこの映画をつくるきっかけとなりました。「私自身が原発について何も知らないという事を知っている」ことを強みに、2013年3月から1年かけて、福島第一原発事故発生当時の内閣関係者、原発を推進してきた政治家や逆に原発ゼロを訴える政治家、さまざまな立場の学者、被災者などにインタビューし、多くの日本人が抱いている素朴な疑問を投げかけています。インタビューしたのは、枝野幸男、福山哲郎、菅直人、下村健一、班目春樹、金子熊夫、澤田哲生、渡部恒三、与謝野馨、村山富市、鳩山由紀夫、細川護煕、藤家洋一など(敬称略・五十音順)など。(製作「無知の知」製作委員会/2014年/日本/107分)
http://www.muchinochi.jp/
続きを読む

2015/9/13 第40回月1原発映画祭『いわきノート』上映のご案内

次回の月1原発映画祭/交流カフェは9月13日(日)、『いわきノート』を上映します。

この映画は、筑波大学の学生たちが福島県いわき市を取材して住民たちの本音を引き出したドキュメンタリーです。
いわき市では、東日本大震災で460名の方が亡くなられました。

福島第1原発周辺町村よりは相対的に放射線量が低く、原発事故による避難者約2万4000人を受け入れている一方、市外へ避難した市民は約4000人。

それぞれの事情を抱えながらいわきに暮らす人びとの存在が、言葉と映像を通して身近になることと思います。

そして取材にあたった学生たちは何を感じ、何に悩み、どんな思いを抱いたか? ぜひ聴いてみたいですね。

ということで、当日は共同監督を務めた11人の中から有馬俊さん(現在、慶応大学大学院1年)と太智花 美咲さん(同、筑波大学4年)にお話をうかがいます。

前回の『フタバから遠く離れて 第二部』上映では皆さまのご参加、ご協力ありがとうございました。

おかげさまで150人以上の方々にご覧いただくことができましたが、その折に質疑応答や交流の時間がほしいという声が少なからずありました。

そこで今回はいつもの「谷中の家」に会場を戻して、おおいに語り合いたいと思います。

定員に限りがありますので、どうぞお早めにご予約ください。ご参加お待ちしています。

いわきノートチラシ(PDF)
続きを読む